Posts Tagged ‘クラリセージ’

アロマ&フットケアで疼痛緩和・リラックスを

2017-03-21

aroma-foot-care170321

アロマテラピーは甘い香りでリラックするというものだけではありません。もっと身体にも積極的に使っていくことで、痛みを和らげたり、健康維持に役立てたりすることが出来るのです。

 

代替医療としてのアロマテラピー

アロマテラピーは日本語では「芳香療法」と訳されます。日本では精油が雑貨扱いで加湿器などと一緒に使ったりすることもあるため、リラックスするためのインテリアの一部のようなイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

でも、精油の原料となる芳香植物は、古代から薬草として使われてきたものも多く、また西洋医学で使う薬の成分の元となっているものも多いのです。

 

つまり、精油の成分には薬と似たような働きをするものも多く、より積極的に使うことで身体の不調を改善するのに役立つのです。

 

足の裏とふくらはぎ

足の裏もふくらはぎも「第2の心臓」と呼ばれますね。足の裏にはツボや反射区があり、内臓の働きと関連があるとされています。足の裏を刺激することで、その場所と関連する臓器を活性化させることが出来るので、アロマオイルを使ってマッサージすることで、より健康を増進することが出来るというわけです。

 

また、ふくらはぎは血液を心臓に戻すためのポンプの働きをする場所です。運動不足などでふくらはぎが血行不良になると全身の血行に影響するといわれています。アロマオイルを使ってマッサージをすると、血行が良くなって身体が温まる他、代謝も上がるので、ダイエットにも役立ちます。

 

足の健康は全身の健康につながるので、疲労は早めに回復させ、痛みなどが出ないようにすることが大事です。痛みが出てしまった時も、アロマオイルでマッサージをして和らげていきましょう。

 

アロママッサージの方法

マッサージをする時は、精油を直接肌につけてはいけません。必ず、植物オイルか水溶性ジェルで薄めてから塗るようにします。ガラス容器などにオイルまたはジェルを入れて、そこに精油を加えます。よくかき混ぜてから痛みやむくみが気になるところに塗ってマッサージをします。

 

足の裏なら全体に塗ってやや強めに押していくと良いでしょう。ふくらはぎは足首の方から膝に向かって、リンパの流れに沿ってマッサージします。ふくらはぎを押して痛い時にはあまり強く揉まずに、さすり上げるような感じでOKです。全身の血行が良くなれば、関節痛や筋肉痛などの痛みも緩和できます。

 

精油の鎮痛作用は身体のあらゆる痛みに役立てることが出来るので、用途別のブレンドもご紹介します。

<むくみ取りオイル>

ホホバオイル 小さじ1
シダー精油 1滴
レモングラス精油 1滴
ローズマリーカンファー 1滴

<痛み止めオイル>

ホホバオイル 小さじ1
ペパーミント精油 1滴
ラベンダー精油 1滴

※筋肉痛や肩こりなど万能の痛み止めオイルです。

<生理痛には>

ホホバオイル 小さじ1
クラリセージ精油 1滴
フェンネル精油 1滴

<頭痛には>

ホホバオイル 小さじ1
バジル 2滴

 

・使用上の注意は、エッセンシャルオイルの使い方をご覧ください。

・ドテラのエッセンシャルオイルをお得に買うためにはこちらをご覧ください。

ユーザーズボイス!エッセンシャルオイルを愛用している人の声を集めました。

CPTGとは、100%純粋なエッセンシャルオイルの証明です。

・メディア掲載については、こちらをご覧ください。

・アロマの活用法については、こちらをご覧ください。

 

簡単お手軽!ティッシュとアロマオイルで今日こそ快眠を手に入れる

2017-03-09

tissue-and-aroma170309

 

アロマテラピーというと、何か特別な道具がないとできないと思っていませんか?いえいえ、そんなことはありません。精油とティッシュが1枚あれば十分楽しむことが出来ます。

疲れすぎて眠れない、ストレスがたまって寝つきが悪いときなど、アロマのパワーを借りてぐっすり眠って疲れを取りましょう。

 

ティッシュ1枚あれば

アロマテラピーというと、アロマランプ(アロマポット)、アロマディフューザーなどがないと楽しめない、と思っている方が多いようです。確かに、熱を加えることで精油の香りは広がりやすくなりますが、お手入れがちょっと面倒だったり、小さなお子さんやペットがいる時は使い方に注意が必要ですね。うっかりさわったり舐めてしまったりしたら大変です。

 

そこで使って欲しいのがティッシュなんです。ティッシュに数滴精油をたらせば、十分香りは広がります。寝る前にティッシュに数滴精油をたらして枕元に置いておきましょう。歯を磨いて寝る準備をして部屋に入った時にはリラックスできる香りが部屋中に広がっています。

 

また、枕元に置くことで、横になった時にふんわりと香りに包まれて寝つきも良くなるでしょう。横になったら目を閉じてゆっくりと深呼吸をしてみてください。何度か繰り返しているうちに自然な眠りについて、朝までぐっすりです。

 

眠れない時におすすめのアロマ

ストレスで乱れた自律神経や女性ホルモンのバランスを整えて、気持ちをリラックスさせてくれるアロマや、良い眠りにつくためのサポートをしてくれるアロマが色々あります。

 

リラックスしたい時は

・マンダリン
・ローズウッド
ラベンダー
ゼラニウム
ベルガモット
・カモミールローマン
イランイラン
マジョラム
オレンジ

など。

 

鼻が詰まって眠れないなど風邪気味の時は、

ユーカリ
・ローズマリーシネオール
・ラヴィンツァラ
・ローレル
ティーツリー

など。

 

生理前でイライラして眠れない、という時は

クラリセージ
・アニス
・スターアニス
フェンネル

など。

 

好きな組み合わせでオリジナルアロマ

アロマのいいところは、一つでも十分良い香りですが、いくつか組み合わせるとさらに良い香りになるということ。2つ以上組み合わせて使うことを「ブレンドする」といいます。

 

例えば、ティッシュにラベンダー1滴、オレンジスイートを2滴たらします。そうすると簡単にラベンダーとオレンジスイートのブレンドオイルと同じ効果が得られるわけです。上記でご紹介した精油の中で組み合わせてもいいですし、ラベンダーと自分の好きな香りなど、様々な組み合わせを楽しんでみてください。

 

アロマのブレンドに正解はありません。組み合わせが同じでも滴数を変えるだけでも微妙に香りが違ってきますので、一番リラックスできるブレンドを考えるのも楽しいものです。

 

・使用上の注意は、エッセンシャルオイルの使い方をご覧ください。

・ドテラのエッセンシャルオイルをお得に買うためにはこちらをご覧ください。

ユーザーズボイス!エッセンシャルオイルを愛用している人の声を集めました。

CPTGとは、100%純粋なエッセンシャルオイルの証明です。

・メディア掲載については、こちらをご覧ください。

・アロマの活用法については、こちらをご覧ください。

 

【注意】妊娠初期から気をつけたいアロマオイルとは?

2017-02-14

early-pregnancy170203

 

アロマテラピーは気持ちをリラックスさせ、むくみをとったり、肩こりや腰痛に良いものなど様々な種類の香りがあり、妊娠中のつらい症状に使ってみたいと思っている方も多いかもしれません。

でもちょっと待ってください!実は、アロマオイルの中には、妊娠中は使えないものもあるんです。特に妊娠初期は、体も心も不安定な時期ですから注意が必要です。

今回は妊娠初期から気をつけたいアロマオイルについてお話しします。

 

月経を正常化させる作用

アロマオイルには「通経(つうけい)作用」といって、月経のリズムを整える作用があるものがあります。生理不順や無月経、希発月経など、なにかと生理のリズムが整わなくていつ来るのか分からなかったり、量の多い少ないという症状でお悩みの方に適したアロマですね。

・クラリセージ
・カモミール
・ローズ
・フェンネル
・ラベンダー
・ローズマリー

など。

 

女性ホルモンのバランスを整える作用

もうひとつ、月経トラブルを改善する作用があります。それが「エストロゲン様(えすとろげんよう)作用」です。

生理不順だけでなく、生理痛を和らげたり、PMS(月経前症候群)のイライラや身体のだるさなどを和らげてくれる働きがあります。

・クラリセージ
・フェンネル
・アニス
・スターアニス
・ゼラニウム
・ローズ

など。

 

妊娠中は芳香浴のみにする

これらのアロマオイルは子宮に働きかけて月経のリズムを整えたり、子宮の中のものを押し出そうとする働きがあるため、妊娠中、特に妊娠初期には使わない方が良いとされているのです。

ただ、あまり神経質にならないでください。日本で、アロマオイルの香りを嗅いだだけで流産してしまったとか、胎児に影響があったとか、そのような重篤な症状は報告されていません。

海外でも危険とされるアロマ(ペニーロイヤルなど)を1本丸呑みしたとか、極端な使い方をした場合に限っての事故報告はありますが、それ以外の普通の使い方で、すぐに何か影響がでるというものではりません。

 

妊娠中にアロママッサージをするなど、アロマオイルの成分をより多く体にとり込む方法はあまりおすすめできませんが、香りを嗅ぐくらいなら大丈夫でしょう。香りを嗅いでつわりが軽くなったり、気分が明るくなるなら、芳香浴に限って使ってもいいと思います。

ただ、妊娠中はホルモンバランスも普段と違いますし、日頃は大丈夫なことでもダメになってしまうことがあります。炊きたてのごはんの匂いがダメになるなど、つわりの影響も大きいですね。

そんな時は、好きだった香りも受け付けなくなることがあります。つわりの気持ち悪さを何とかしようとアロマを焚いたら余計に気持ち悪くなってしまうということもあるので、体調を見ながら使うことが大切です。

 

・使用上の注意は、エッセンシャルオイルの使い方をご覧ください。

・ドテラのエッセンシャルオイルをお得に買うためにはこちらをご覧ください。

ユーザーズボイス!エッセンシャルオイルを愛用している人の声を集めました。

CPTGとは、100%純粋なエッセンシャルオイルの証明です。

・メディア掲載については、こちらをご覧ください。

・アロマの活用法については、こちらをご覧ください。

 

アロマテラピーで更年期障害を克服するには

2017-01-08

menopausal-disorder161224

 

更年期障害とは

人は誕生してから、一生を終えるまで、幼年期、少年期、青年期、壮年期、中年期、高年期を過ごします。

このように、人の成長を段階に分けたものを、ライフステージといいます。そして、各ライフステージでは、身体、精神、環境などがさまざまに変化していきます。

 

特に女性の場合は、ライフステージの中で初潮から出産、閉経までとても大きな変化を経験します。この大きな変化には、女性ホルモンが関係しています。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、月経前や妊娠中や出産後には、このバランスが急激に変化します。

 

女性は特に、女性ホルモンに大きく影響されているのです。

 

一般的に閉経を迎える、40代後半以降では、このホルモンの分泌バランスが急激に変化することで、身体に大きな不調をきたすとされています。これが多くの女性が悩む更年期障害です。ホルモンバランスの変化による不調ですから、更年期障害は病気とはまた異なります。

 

しかし、その症状は個人差が大きいので、普段の生活が送れないほどの影響を及ぼすことも。辛い症状が少なくても、些細なことでイライラしたり、理由もなく落ち込んでしまうこともあります。

 

そんな辛い症状を緩和させるには、アロマテラピーがオススメです。

精油はローズ、ゼラニウム、クラリセージなど、リラックス効果が高いものを選びましょう。

活用方法では、アロマオイルでマッサージをする、セルフセルフトリートメントがオススメです。アロマオイルの香りを楽しむだけではなく、作る過程やセルフケアに取り組むことで、気分転換になります。

 

セルフトリートメントの方法

・トリートメントオイルの作り方

好きな精油と植物油を希釈して使います。そして、フェイス用とボディ用では希釈量が変わります。

・準備するもの
精油:フェイス用:1~3滴/ボディ用:1~6滴
植物油:30ml
遮光性保存容器

精油と植物油を混ぜるときは、香りを確認しながら、精油の量を調整します。オイルを混ぜるときは耐熱性容器と耐熱性のマドラーなどを使用してください。

・トリートメントオイルの使い方

オイルを手のひらに適量を取ったら、体温でしっかり温め、伸ばしてから、トリートメントしたい部分に広げます。
オイルがなくなり、滑らなくなったら、オイルを追加します。

・セルフトリートメントのやり方

(1)手に行う場合は、オイルを両手のひらに取って、両手全体によく伸ばします。
(2)指を1本ずつ、反対の親指と人差し指ではさみ、指の付け根から指先に向かって、らせん状にクルクルとすり上げます。
(3)全部の指が終わったら、手全体をストレッチします。
(1)足に行う場合は、オイルを両手のひらに取り、よく伸ばします。
(2)足首を両手で包みこみ、膝まで足の全面を2~3回さする。
(3)次に足首からふくらはぎ、ひざ裏まで2~3回さする。
(4)最後にくるぶしを中心に、円を描くようにさする。

 

セルフトリートメントを行うと、血行促進され、女性ホルモンの乱れを整えやすくなります。また、リラックス効果により、不快症状の緩和が期待できます。

 

・使用上の注意は、エッセンシャルオイルの使い方をご覧ください。

・ドテラのエッセンシャルオイルをお得に買うためにはこちらをご覧ください。

ユーザーズボイス!エッセンシャルオイルを愛用している人の声を集めました。

CPTGとは、100%純粋なエッセンシャルオイルの証明です。

・メディア掲載については、こちらをご覧ください。

・アロマの活用法については、こちらをご覧ください。

 

スキンケアに有効なオイル&ミネラルとは?vol.1

2016-02-08

skin_care_oil_minerals

 

イランイラン Ylan Ylan

皮脂のバランスを整え、肌質に合わせてスキンケアができます。肌質を選ばないので、スキンケアに最適です。甘い香りでリラックスできるので、ストレスを解消するのにも役立ちます。傷ついた髪のヘアケアにもおすすめです。

▼イランイランオイルの詳細はこちら

 

クラリセージ Clary Sage

皮脂のバランスを整える作用があると言われ、脂性肌やニキビ、ヘアケアに役立ちます。生理不順や更年期障害を緩和するなど女性ホルモンのバランスを整えるとされており、女性にやさしく作用します。

▼クラリセージオイルの詳細はこちら

 

グレープフルーツ Grapefruit

香りの成分は、ダイエットやむくみ、セルライトに有効な作用があります。また、デオドラント作用もあるので、においの消去にも有効です。爽やかな香りは、ストレス解消にも。

▼グレープフルーツオイルの詳細はこちら

 

サイプレス Cypress

体を引き締める収れん作用や血管を収縮したり、体内の余分な水分を排出して、体液のバランスを保つ働きをしています。むくみやセルライトの改善に役立ちます。

▼サイプレスオイルの詳細はこちら

 

サンダルウッド Sandalwood

皮膚の保湿作用があります。皮脂のバランスも整えるので、ニキビや脂性肌に効果を発揮します。香りは心を鎮めてリラックス作用があります。

▼サンダルウッドオイルの詳細はこちら

 

 

・使用上の注意は、エッセンシャルオイルの使い方をご覧ください。

・ドテラのエッセンシャルオイルをお得に買うためにはこちらをご覧ください。

ユーザーズボイス!エッセンシャルオイルを愛用している人の声を集めました。

CPTGとは、100%純粋なエッセンシャルオイルの証明です。

・メディア掲載については、こちらをご覧ください。

・アロマの活用法については、こちらをご覧ください。

 

メンタルとホルモンのバランスを調和するアロマ3選

2015-05-22

rainy_season_and_depression

 

曇りがちな梅雨の時期は、ご注意ください。梅雨の雨が降り続く気候は、ときに体だけでなく心にも影響を及ぼすことがあります。たとえば、気分が沈んでしまったり、何事も楽しめなくなったり、気力がわかないなど様々です。

実は、これには、人間の体の構造的に「セロトニン」という物資が足りなくなるのが原因といわれています。

セロトニンってご存知ですか?

最近ではうつ病の患者数や自殺者の数が増加し続けているため、TVや雑誌でも、セロトニンという言葉を見聞きする機会が増えて、ご存知の方も多いかもしれませんね。

セロトニンは、ストレスに対抗したり、快眠や体の活性化を促すなど重要な役割を担っている、神経伝達物質の一つです。この物質が不足すると、怒りっぽくなったり、不眠になったり、気分が落ち込みやすくなってうつ傾向になるようです。

太陽が姿を見せず、日照不足が続くと、神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が減少します。梅雨の時期や冬季など、ある一定の時期にだけうつ症状が強くなる、「季節性うつ」という病気もあります。五月病などがその類に含まれるとも言われています。

これを防ぐためには、わずかな晴れ間にはなるべく外に出て日光浴をしたり、太陽が出ていなくても朝や午前中など光の強い時間帯に外に出るようにするなど、工夫することが必要です。

女性のセロトニン量は、男性の約52%

特に女性のセロトニン総量は、男性と比較すると約52%しかありません。脳内がセロトニン不足になると、イライラや不眠、便秘、胃痛、頭痛、PMS、慢性疲労、血行不良や冷え性などの症状や、さまざまな依存症的行為を引き起こしやすくなると考えられています。

メンタルバランスとホルモンバランス

アロマを勉強する方の中で、特に接触する頻度が高い悩みの問題は、メンタルバランスとホルモンバランスです。これらの悩みにアロマオイル(精油)の働きは期待できます。

お医者さんに行くと、うつと診断された場合、セロトニンやノルアドレナリンを増やすための薬が処方されます。いわゆる、抗うつ薬ですね。

これは、うつ病でなくても、PMSや更年期障害、産後うつなど、気持ちが落ち込む、ヤル気が出ないという場合にも同じように処方される場合があります。妊娠中は、エストロゲンやプロゲステロンといった神経伝達物質がたくさん生産されるのですが、産後は減少します。

それ以外には、抗不安薬といった精神安定剤といったものを服用するケースもあります。

ちょっと薬に頼るのは・・・と考えられている方は、薬の影響を最小限に抑えながら、うまくアロマオイルとお付き合いされてみてはいかがでしょうか。

メンタルやホルモンのバランスをアロマオイルで調和を取る

香りによる嗅覚からの刺激は、心体へ無意識に効果が期待できます。

なんとなく調子悪いなぁと感じたら・・・という観点から試されてもいいと思います。好きな香りを見つけるだけで心が晴れてくるものですしね。

さて、それではセロトニンの分泌を促す物質(酢酸リナリル)が多く含まれるdoTERRAアロマオイルをご紹介します。

 

■ベルガモット
やさしく温かみのあるベルガモットの香りは、不安、鬱、ストレス緊張などに働きかける他、消化器系の調整作用や抗菌作用を持ち、幅広く活用できます。

■クラリセージ
特に女性特有の悩みPMSや更年期にも、クラリセージは効果を発揮してくれます。
クラリセージの中にスクラレオールが成分として含まれていますが、それは女性ホルモンの一つであるエストロゲンとよくにた構造をしています。

■ラベンダー
ラベンダーには鎮静効果が期待でき、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安やイライラを解消してくれます。他の精油となじみやすく、アロマテラピーでよく使われる精油の一つです。一般的なラベンダーオイルは、酢酸リナリルの含有量が30%程度ですが、doTERRAのラベンダーオイルは40%以上入っているようです。

 

・使用上の注意は、エッセンシャルオイルの使い方をご覧ください。

・ドテラのエッセンシャルオイルをお得に買うためにはこちらをご覧ください。

ユーザーズボイス!エッセンシャルオイルを愛用している人の声を集めました。

CPTGとは、100%純粋なオイルの証明です。

・メディア掲載については、こちらをご覧ください。

・アロマの活用法については、こちらをご覧ください。

Copyright(c) 2014 AromaBartender. All Rights Reserved.