ディープブルーオイルってどんな精油?

2014-06-15

DeepBlue01

 

ディープブルーオイルの中にブレンドされてるオイルは、現代人の悩みをサポートするためのオイルが7種類組み合わさっています。

 

最近の研究結果では、現代人の半数以上が何かしらの筋肉の痛みや腰痛、肩こりなど日々の不快な症状に悩まされていることがわかってきました。

そんな痛みや不快感を解消させるのが、このディープブルーオイル。

 

7種類のそれぞれのオイルの持つ消炎作用や鎮静作用などが、筋肉や関節の炎症を癒し、痛みを緩和し不快感を和らげます。

気になる患部や筋肉にやさしくすりこむと、ひんやりとした心地の良い癒しを感じることができ、不快な症状も和らげるでしょう。

 

<ブレンドされているシングルオイル>

● ウィンターグリーン
コルチゾンによく似たサリチル酸メチルが99%入っています。関節炎、リューマチ、腱炎、骨、筋肉、関節の炎症に伴う不快感に効果があります。

● カンファー(ショウノウ)
鎮痛作用と消炎作用があり、関節炎、リュウマチ、筋肉痛、捻挫、打撲に有効です。

● 
消炎作用があり、前立腺と損傷した組織に働きかけ、ひんやり冷やして鎮静させるので、関節炎とるリューマチを和らげます。

● ブルータンジー
鎮痛作用と消炎作用で低血圧、関節炎、リューマチを和らげます。

● ブルーカモミール
抗酸化作用、消炎作用、鎮痛作用があります。体の循環をサポートし、関節炎を和らげる作用もあります。

● ヘリクリサム
抗カタル性の構造と作用があり、強力な消炎作用で脳の髄膜の炎症を緩和することもあります。そして、血液をきれいにして循環機能を高める手助けをします。
精神面での作用もあり、怒りが消えて相手を許して前に進もうという前向きな気持ちにさせてくれます。

● モクセイ
漢方でも使用されているモクセイ。中国の伝統的な花の10種類の中にも入っています。
モクセイの花の香りはとてもかぐわしく高価な香水にも使用されています。更に、たんを切り、うっ血を取り除いてくれます。

 

<ディープブルーオイルの使い方>

脊髄や足の反射ツボに水の温度10~15℃くらいにし、洗面器に1~2滴たらしてタオルを浸し、軽く絞って10分ぐらい冷湿布します。

筋肉の痛みや痙攣、打撲の場合は、患部にそのまま薄めずに塗ります。

 

<目的・相性にあったオイル>

フランキンセンス(体の強化)または、ウインターグリーン(骨痛用)

 

DeepBlue_ban01

 

 

・使用上の注意は、エッセンシャルオイルの使い方をご覧ください。

・ドテラのエッセンシャルオイルをお得に買うためにはこちらをご覧ください。

ユーザーズボイス!エッセンシャルオイルを愛用している人の声を集めました。

CPTGとは、100%純粋なエッセンシャルオイルの証明です。

・メディア掲載については、こちらをご覧ください。

・アロマの活用法については、こちらをご覧ください。

 

人気の記事はこちら

Copyright(c) 2014 AromaBartender. All Rights Reserved.